硝材について(写真用レンズ)

       普賢院   アベ政治を許さない
硝材について(神目にて) 硝材について(金山寺の猫)   ゴロゴロ大師    岡山市中区  2008/04/30

この項の最終更新日 2021年4月



EF66 27      普賢院      C12 167
EF66 25            普賢院             C12 167
 (浅口市金光町)          (岡山市北区)         (鳥取県若桜市)



備前一宮駅      畑の果実      中国鉄道社紋(鬼瓦)
備前一宮駅             畑の実             中国鉄道社紋
   (岡山市北区一宮)          (岡山市北区加茂)        (岡山市北区一宮)



アイガモ      近水園      愛知こどもの国
 アイガモ              近水園            愛知こどもの国
    (香川県三木町)         (岡山市北区足守)       (愛知県幡豆郡幡豆町)



B12蒸気機関車      長福寺      後楽園外苑
こども汽車             長福寺             後楽園外苑
(愛知県幡豆郡幡豆町)          (岡山市北区)        (岡山市北区)



レンズ
幼稚園の頃だろうか,雨戸の節穴から光線が洩れて,外の景色が障子に逆さまに映って動いていた.
小学校時代か,カーテンを引いて暗くした教室で虹を作った授業の記憶.プリズムの実験だったか.
ここに立ってとか 動かないでとか 撮される側になった時,自由を奪われた記憶しか残っていない.

雨戸の節穴はピンホールレンズ,薄暗い部屋は暗箱の働きをしていた.幼児にはただ不思議だった.
プリズムやレンズの輝きは子供心に惹かれたのであろう.道具とか精密機械に興味があったらしい.
写真機の原理も仕掛けもわからないけれど,大人が慎重に扱うのを見てから関心が芽生えたらしい.

次ページ ▼