硝材について 津山線にて

       山陽新幹線(相生~岡山)   アベ政治を許さない
  吉井川橋梁     長船町長船  2018/11/24

硝材について(津山線にて) 硝材について(ゴロゴロ大師)

  久米南町神目      旭川築堤      東山車庫
吉井川橋梁            神目中にて             東山車庫
    (長船町)            (久米南町)           (岡山市中区)



  ヒガンバナ      旭川橋梁にて      45mmレンズ
    旭川橋梁              出口踏切            45mmレンズ
    (岡山市中区)            (赤磐市)           (岡山市中区)



  45mmレンズ      45mmレンズ      45mmレンズ
   大安寺               長床             備中国分寺跡
    (岡山市北区)           (岡山市北区)          (岡山市北区)



  45mmレンズ      45mmレンズ      200mmレンズ
 古地の四踏切           備中国分寺跡           栄西生誕地
    (岡山市北区)           (岡山市北区)          (岡山市北区)



ボディとレンズ
写真を撮り始めてある時期まで,私はフィルムを大きくすれば良く写ると信じていた.
レンズ性能を無視するなら,それは正しく,ライカ版と2B判の差が歴然としていた.
レンズと一体になっているのが一般の写真機.私の高校時代まではそれが普通だった.

フィルムサイズが写真の品質を決める.そんな考えで中学高校を暢気に過ごしていた.
レンズの交換が可能なカメラは特殊な存在で鉄道ファンの間でも普及する以前だった.
6X6は75mmか80mm,6x9は105mmが付き変更ができない時代だった.

レンズ交換ができる6x9版を経験するのは,私が高校を卒業して以後のことだった.
105mm,150mm,65mmと増やしたけれど,主に105mmを使っていた.
気に入った150mmを残して木製の組み立てカメラを使い始めてから変化が起きた.

次ページ ▼