硝材について 津山線にて

       吉備線大安寺付近   アベ政治を許さない
  妙林寺山門     岡山市北区  2021/03/10

レンズ 硝材について(ゴロゴロ大師)

  妙林寺      岡山城内堀      醍醐桜
妙林寺               お堀端               醍醐桜
    (岡山市北区)           (岡山市北区)           (真庭市)



  桜の下にて      弓削駅にて      仮画像
  桜の下にて            弓削駅にて            玉柏にて
    (真庭市)            (久米南町)            (岡山市北区)



  津山線旭川橋梁    HOゲージ商品
  建部温泉にて            EF64
    (岡山市北区)            (岡山市中区)



キャビネ版組立カメラで蒸気機関車の撮影にお供した経験がその後の写真に影響した.
“テッサー”より“ダゴール”の方が良く写った と伺って,古い“ダゴール”も使ってみた.
戦前は“3群”より“2群”のレンズが機関車には優れていたけれど戦後状況は一変した.

単層幕コーティングされたレンズと戦前のレンズと比較した.結果はあきらかだった.
周囲の協力も得て,ライカ版、中判,大判用のレンズ,主だったレンズを比較の結果,
東京光学製 210mm F5.6,富士フィルム製 150mm F6.3等に落ち着いた.

いずれもテッサー型(3群4枚)で焼きやすいネガを得ることができるレンズだった.
中古のアポランターが手に入って好んで使った.不思議に発色の優れたレンズだった.
レンズ構成は3群5枚,たぶん透過率に有利な“3群“だったからだとの理解に至った.

次ページ ▼