琴電1051号+1052号
高松琴平電気鉄道 1050形    仏生山 2002年

高松琴平電気鉄道 1050形 1053形 1060形

阪神電気鉄道5001形 : 1050形(1051、1052)
1958年,両開き3扉,19m車,MM編成,日車と汽車で1両づつ設計製作された.
‘’ジェットカー‘’先行試作車5001形は,昇圧後,貫通扉,ロングシートに変えられた.
2両は1977年,2扉に改造の上,琴電に譲渡されて,1051,1052になった.
京浜230形の台車,モーターなどを利用して,仏生山工場で吊り掛け車に再生された.
後に台車を新製してカルダン駆動になり琴電で23年間活躍.2003年に廃車された.
1977年~2003年

阪神電気鉄道5231形 : 1053形(1053,1054)
1962年日本車輌製,ジェットブルー5231形を1981年に琴電が譲り受けた.
当初から台車を新製してカルダン駆動であった.この時から琴電の高性能化が始まる.
1200形の大量導入に伴って,琴電での役目を果たして2005年廃車解体された.
1981年~2005年

阪神電気鉄道5101形 : 1060形(1061,1062)
1960年川崎車輌製,ジェットブルーの両運車2両を1981年琴電が譲り受けた.
2扉,両運車,1061,1062となって琴平線で活躍,2006年に廃車された.
1060形は吊りかけ式のまま,高性能化されることはなく増結用として運用された.
最後の頃の数年間,広間は仏生山駅本屋の傍の側線(塩江線跡か)で留置されていた.
1981年~2005年

2扉に改造などの車体更新の施工は武庫川車両工業と推察するが確かめてはいません.



琴電1052(片原町~高松築港)    琴電1052(挿頭丘~岡本)    琴電1051(滝宮~羽床)
片原町~高松築港       挿頭丘~岡本         滝宮~羽床



琴電1051(仏生山)    琴電1052(瓦町駅)    琴電1061(円座~岡本)
仏生山             瓦町          円座~岡本



琴電1061(滝宮~陶)    琴電1061(岡本~挿頭丘)    香東川橋梁を渡る1050形と1060形(円座~一宮)
滝宮~陶          岡本~挿頭丘        円座~一宮



琴電1061(滝宮~陶)
一宮~円座


武庫川車両工業の記憶
武庫川線の終点州崎から少し歩くと南向きのトタン屋根の町工場があった.
4輪無蓋貨物電車がいたので撮影して修理中の701形(?)を見学した.
1950年代後半.特急3011形,急行,各停は15m車が主力の時代.