琴電1020形
高松琴平電気鉄道 1020形   仏生山 2004年


高松琴平電気鉄道 1020形 (1020~1030 )
1950年代の後半,在来形置換のため,名鉄は独自規格に準じて車体を新造している.
名鉄が鈍い緑色の電車からマルーンと濃いクリームの電車に変わっていく時期であった.
そして冷房化時代を迎えた1970年前後,琴電はその余剰を捉えて車両を近代化した.
名鉄3700系を8編成16両導入した琴電の車体色はクリームとピンクになっている.
しばらくはHL車のままだったが,1985年頃AL化,高性能車になった車両もある.
高性能化した4両は2004年後半まで活躍し,1200形の増備に伴って廃車された.
1969年~2004年



琴電1020形(太田駅)    琴電1020形(陶~滝宮)    琴電1020形(羽床~滝宮)
太田            陶~滝宮          羽床~滝宮

琴電1020形(滝宮~挿頭丘)    琴電1020形(滝宮~陶)    琴電1020形(一宮~円座)
滝宮~挿頭丘         滝宮~陶          一宮~円座