玉野市営モハ100形(玉橋付近)
モハ102     玉~三井造船所前  1962年3月

南海電鉄 玉野市電気鉄道

玉野市営モハ100形
玉~玉遊園地前(奥玉)の線路は,川の中を通したことで知られている.
橋梁は川(白砂川)を渡らないまま終点の奥玉まで川の上を走っていた.
橋梁の定義を外れるから“高架構造物”として延伸し、認可されたという.

専用線(工事線)を活用し備南電気鉄道として発足した地方鉄道である.
当初宇野~玉(後の三井造船所前)3.5kmが 1953年春に開業した.
1955年には玉野市に移管されて,玉~玉橋(後の玉)まで延伸する.

備南電鉄,玉野市に行こうや,友人に誘われたか誘ったか定かではない.
電車は宇野~玉まで市街地を縫って走って,市電という感じは受けない.
県内唯一の郊外電車をまぢかで見て嬉しかった記憶は今でも鮮烈に残る.

琴電760号(仏生山)
琴電 760形