末政川(水位計)

末政川 大日庵

水位計       倉敷市真備町有井  2018/08/01

“もんげー岡山!” 岡山が ほんまに モンゲーことに なってしもうたがぁ どうすりゃぁ

上は太陽電池と配電箱か,下にセンサーが取り付けられていた.被災後に新設された.早過ぎるのではない.遅過ぎるのだ.
ダムの放流のラッシュが起きると,高梁川,小田川,末政川の背水現象のドミノを起こす危険性は前々から予想されていた.
ダムの操作を誤るとダムが無かった時よりも下流を危険に陥れてしまう.ダムで助かる人もある.人が殺される場合もある.
ダムは,下流の能力,高水流量,潮位,避難時間等を総合して操作するべきであってダム操作規則通りでは人命は守れない.
ダムの操作を誤るとどうなるか?真備町の惨禍で証明された.県は事前放流を今すぐに実行できるシステムに改めるべきだ.
自然災害で済ませられぬ.同じ過ちを重ねると罪は重い.干上がるのは誰なのか.“晴れの国おかやま”なぞ即刻返上したい.
「国家百年の計」などとダムを予算化する.過去百年分のデータがあって言うなら別だが,非科学的で詐欺の常套句に近い.
7月5日14時特別警報発表の時点から,安倍首相,国交大臣及び岡山県知事は何をしていたのか問われなければならない.
( 末政川両岸の決壊地点から200m~300m上流の橋.)

大日庵    末政川
大日庵         末政川



▼ ダムの使い方(アニメーション) 滋賀県

▼ 菅野ダムの事前放流とは 山口県

▼ 洪水期貯留準備水位(利根川ダム統合管理事務所)

▼ 鬼怒川の堤防決壊を繰り返さないための上流ダムの操作方法は?



プリントにはこちらをお使いください.
水位計