岡山空襲写真展

宗谷山公園 お寺の項

岡山空襲写真展      岡山市中区  2017/06/25

岡山空襲
1945年(昭和20年)6月29日午前2時43分からB29編隊138機(アメリカ軍の記録)が飛来した.
空襲は警報が発令されないうちに始まり,2時間にも及んだ爆撃の間,遂に1機の迎撃機も飛び立つことはなく,
1発の高射砲の応戦もなく,波状攻撃を受けて市街地は猛火につつまれ,混乱した市民は逃げ惑うしかなかった.
岡山市で約12万人が罹災,1700人以上が犠牲になった.米軍の空襲は終戦時まで続き主要都市が焼かれた.
(6.29岡山市民平和祭のちらしより)

岡山市浜(第一高等女学校)に据えられた高射砲は敵機が通りすぎた後から発射した,などとも噂さされていた.
亡母と幼児の私が住む旭川左岸の地区は焼夷弾の集中砲火はなく,庭に掘った穴に入って一夜を過ごし助かった.
翌朝市内を歩いた亡母が後に語った.猛火の中避難中に焼死した人間が道路によおけ転がっとって歩けんかった.
戦争は絶対にしちゃいけん.母は当時のことはあまり繰り返さなかったけれど,繰り返し私に言ったことである.

亡父のことを書くなら,1941年12月8日,父は帰宅するなり「バカなことを始めた」と母に告げたそうだ.
外航船機関員だった父は彼我のおよその関係を知っていたからか,やり場のない気持ちを母にぶつけたのだろう.
1943年末トラック島に向かった輸送船団に乗り組んだ父は船もろとも行方不明になったまま帰還していない.
軍事機密の中,海員たちには南方の戦況は掴めていたとは思うけれど,父は招集に応じ横須賀から乗船している.

当時父母は逗子市に寄留していて胎内に宿したのが私であった.岡山の大学病院で私は誕生し,この地で育った.
周囲は内緒にしていたが,偶然から父の死没を知った母の母乳は止まり,私は山羊か牛の乳で育ったそうである.
私を殺して死のう,と思ったこともあったと,後に母は私に語ったこともあったが,母子ともに健康で暮らせた.
私は母36歳の時の長子で当時としては遅い子である.私がちょうど父の年齢になった時,母は82歳で没した.

(1941年=昭和16年)

岡山空襲・水島空襲写真パネル展
岡山市中区桑野  桑野ふれあいセンター  6/25(火)~6/30(日 ) 9時~17時
(最終日は16時まで) 6・29岡山市民平和祭実行委員会主催



岡山電気軌道
岡山空襲資料