財田のカーブ
財田のカーブ 財田のカーブ

長利~財田      1960年

財田駅進入(上り列車)
砂川を渡った線路は芥子山の南麓を走り広谷を過ぎて大多羅で北に向きを変える.
大多羅,長利,財田と一路北進して財田駅で西大寺(東岡山)で国鉄と連絡する.

芥子山(標高233m備前富士)の頂上が見える.山の向こうに西大寺が広がる.
2013年現在でも,畑,縁石などから,この付近の線路跡を辿ることができる.

 様変わりした半世紀後の財田駅付近