EF30 1(米原)

E10形(米原) 電蒸運転(山陽本線)

EF30 1[米]     米原  1961/03/30

新製配置されて約1年後,試験中のEF30 1号機を米原機関区で見ることができた.
18m,長いオーバーハング,無塗装の車体,赤い帯,試作機関車の印象は強烈だった.

田村にはED70がいた.北陸線の交流電化の起点だが基地というより田んぼの中の駅.
ED70の塗色は私の記憶では急行気動車の朱色に近く後の交流機車体色ではなかった.

1962年末には米原~田村の直流電化,田村南方で交直の切替ができるようになった.
交直流電車は通過できるようになったが,機関車は蒸気,ディーゼルで繋ぐ時代が続く.

1957年(昭和32年)から1977年(昭52)まで20年間は機関車が牽引した.
この区間に投入された機関車はE10,D50,D51,ED30,DD50,その他.

ED46,EF30,ED30は,北近江の地で交直流両用機関車実用化の道を開いた.
北陸線電化についてちょっと触れます.交流実用化の歴史,直流に再電化されています.

1957年(昭和37年)10月  田村~敦賀   交流電化
1962年(昭和37年)12月  米原~田村   直流電化
                     (デッドセクションは田村駅南)
1991年(平成3年)9月    田村~長浜 交流を直流化
                     (デッドセクションは長浜駅北)
2006年(平成18年)10月   長浜~敦賀 交流を直流化
                     (デッドセクションは敦賀駅北)

私が米原に行った時はE10は2号が稼働中.他は廃車留置中.D50形,D51の頃.
その後,電気方式を変えて直流区間が伸ばされます.北陸線は趣味的に楽しい線区です.

休車になったE10
E10 4 休車