鉄道専業 岡山模型店 (Home page)

16番ゲージとHOゲージ

“3.5mmスケール”
実物の1feetを 模型で3.5mmにすることを “3.5mmスケール”の模型と呼ぶ.模型一般の縮尺です.
鉄道模型に限りません.“3.5mmスケール”の縮尺を採用した 鉄道模型は すべて“HOゲージ”と呼ぶ.
標準軌間は欧米では1435mmです.“3.5mmスケール”の模型にすると 軌間は16.5mmになる.
標準軌間が多く採用されている ヨーロッパやアメリカ,新幹線など模型の基準の軌間として採用される.
狭軌鉄道は1067mm(3feet6inch)の他に914mm(特殊),762mm,610mmが存在する.
縮尺1/87で模型化すると,模型の軌間は,9mm軽便,10.5mm軽便,国鉄在来線は12mmです.

16番ゲージ
軌間(レールの内側)が16.5mmで 実物を約1/80前後に縮尺したものを“16番ゲージ”と呼びます.
最近は HOゲージで括られることもありますが,HOゲージと16番ゲージは 元々は同義ではありません.
実物を約1/80の縮尺にして,軌間を16.5mmにした鉄道模型の総称が広く16番ゲージと呼びます.
16番ゲージとHOゲージの線路は共通なので 一緒に運転することができるので日本でも普及しています.

イギリスでは 1/76(4mmスケール)が多く用いられていて,3.5mmスケールはあまり使われません.
16.5mm軌間 1/76サイズの模型は,OOゲージ(ダブルオーゲージ)はイギリス独特のゲージです.
イギリス形の4mmスケールとアメリカ形の3.5mmスケールが混在して英形と米形仲良く走らせています.
アメリカの車体が大きく,イギリスの車体の小さめなので,その点でも バランスが良いのだろうと思います.

そのようなバランス感覚,英米,日米の車両限界の関係から,戦後の日本で16番ゲージが始まりました.
聞くところでは日本のHOゲージは輸出用から始まり,岡山ではHOゲージを店頭で見掛けませんでした.
16番ゲージは 軌間16.5mmで 1/80を基準に作られます.Oゲージの半分くらいの大きさでした.
英米,日米の車両限界の関係などから,16番の規格ができ上がって,その後の鉄道模型の中心になった.
HOゲージ,OO(ダブルオー)ゲージ,16番ゲージは模型の世界では一緒に運転することができます.

13ミリゲージ
実物を約1/80に縮尺して,軌間を13mmにするものを“13ミリゲージ”と呼びます.
16番ゲージから派生したもので,大半の部品は16番ゲージと共通ですけれど,専用の線路が必要です.
在来線の狭軌感の雰囲気を大切にしたい人たちが13ミリゲージを始めました.やや特殊なゲージです.

ちなみに,日本で13mmゲージが始まったように,イギリスでその矛盾を正そうと1/76,18mm
軌間を規格に定めた人たちがあるそうです.EMゲージとか聞きました.

詳しいことは 機芸出版社,プレス アイゼンバーン,イカロス,NEKO,その他の出版物をお読みください.

(このページは書きかけです)

cf   ナロー ゲージ   Nゲージ(9mm)    <16番ゲージ在庫表一覧>           < HO gauge stock lists >

    蒸気機関車               Steam Locomotive

    電気機関車               Electric Locomotive

    ディーゼル機関車            Diesel Locomotive

    電車                     Electric car

    ディーゼルカー                 Diesel car

    客車                    Passenger car

    貨車                      Freight car

    路面電車                       Tram

    未分類                    Miscellaneous

    部品(準備中)             Parts(in preparation)

各ゲージの高さ,長さ,体積,容積の比較 キハ52形を例として
   1/45 軌間24mm       1/80 軌間16.5mm       1/150 軌間9mm

Oゲージ HOゲージ Nゲージ

HOゲージについて     ナロー ゲージについて