2220号

D52 8620

2220      岡山機関区  1959年頃

2120形
転車台のまわりに小さな機関車がいた.大型機の中で目立つ存在であった.
時々,圧縮機の音が響き,排気管からシューシューと湯気が上がっていた.
公式側の煙室にはノースブリティッシュの小さな菱形の銘板が残っていた.

無火機関車の移動に便利なため機関区の構内用などに戦後まで生き残った.
C12が配置され二休車になり,ある日D52に牽かれて鷹取に旅立った.
まさに 2120形式中 私鉄線を除いて 最も遅くまで働いたカマであった.

2220    C12 100
C12 100        C12 225

1960年5月土崎工場の2221号,同年7月2220号が廃車された.
1965年8月に札幌工事区の2424号が廃車されてB6系は終焉する.

B6の写真はプリントから起こしているのでトーンが十分ではありません.