C51 255(亀山機関区)

亀山 亀山

C51 255      亀山  1961.4.2


18900形(C51)

輸入機の8800,8850,8900など,国産の8620,9600の実績から,旅客用大型急行用機関車に挑戦し,
1919年パシフィック形(2-C-1)機関車が誕生した.東海道,山陽線等で活躍を始めた画期的な機関車であった.
100km/hで計画,動輪径1750Φが採用され,名実ともに世界に誇れる近代機で,その後の旅客機の標準となった.
最初の製造は浜松工場,汽車会社が量産し,三菱造船所も加わって,1919年~1928年に289両が誕生している.
1928年のC53の誕生まで主要幹線の旅客用機関車の花形だったが,1930代になって第一線を退くことになった.
C55とともに奥羽線,羽越線,関西線,山陰本線,長崎線などの亜幹線で活躍した後,1966年頃には全廃になった.
関西線の100号,225号,山陰線の80号等,淘汰される直前のC51形に出遭った.歴史的な狭軌機関車だと思う.

← 9600形へ                  C55形へ →

以下のページから このページに戻る時は ブラウザーの機能(←)をお使いください.

C51 25(奈良機関区)   C51 25   C51 60   C51 67非公式側
C51 25[奈]    C51 25[奈]     C51 60[亀]    C51 67[亀]

C51 67公式側   C51 99   C51 100   C51 227公式側
C51 67[亀]    C51 99[奈]     C51 100[亀]    C51 227[伊]

C51 237(豊)   C51 255(亀)   C51 268   C51 271
C51 237[豊]    C51 255[亀]    C51 268[豊]    C51 271

C51 274   被災したC51(亀山機関区)
C51 274[豊]     C51廃車体

リンク先のページ(上のサムネイル)から このページに戻る時は ブラウザーの機能(←)をお使いください.


9600形               C55形
69657号[岡]           C55 61

画像のクリックで画面が切り替わります.

8620,9600,C55,C57,C58,C59,C62,D51,D52,C11