作山古墳(さくざん)

吉備路 作山古墳   総社市三須  2005/01/04

作山古墳 [ つくりやま ]

このあたり一帯は古代から拓けていた地域で風土記の丘と名付けられている.火灯し頃は太古を感じさせる.
古代人は天を畏れ天を敬い信仰以前に宇宙を感じて生きていた.生活の中から信仰が生まれ技術も発達した.

自然に生かされ自然とともに代を重ねてきたことを忘れまい.現代人は大事なことを忘れかけているようだ.
科学技術が発達して便利になったのは間違いないけれど,恩恵を受ける側の知恵こそが問われる時代である.

人里に明かりがともる頃,裸電球1個で暮らした子供の頃を思い出して,シャッターを押すのも忘れていた.
停電になると本も読めないと昼間読まなかったこと悔やしがったあの頃をぼんやり思い出すことが時にある.

< 画像をクリックすると前ページに移動します >