吉井川橋梁       万富~熊山 2010/11/10

曲がった鉄橋
旧橋梁の橋脚が水面に見える.川の中で曲がつてゐると百閒が第二阿房列車に書く鉄橋である.
百閒幼少期の追憶に残る鉄橋とは,複線化後上り線となった山陽鉄道時代の吉井川橋梁である.
特急“かもめ” は当初C59が牽引し 列車番号は5レ,6レであるが,明瞭な記憶は 私にない.
吉井川の河川改修に伴って橋梁の架け替えが行われて熊山方の河川敷部分の曲線が緩和された.
鉄橋の前後には築堤や路盤の跡が現在でも残っていて山陽鉄道の歴史を垣間見ることができる.
牽機 EF210-157